パスコ地上局をレンタル提供
衛星地上局ネットワークサービス

パスコは空間情報事業者として地球観測衛星の地上局を自社保有する世界でも数少ない企業です。パスコの衛星地上局は沖縄県と北海道に位置し、日本国内はもとより、世界的にも極東地域をカバーできる数少ない衛星地上局です。本サービスでは、パスコ衛星地上局の設備や運用体制を、衛星事業者やロケット事業者に活用頂ける幅広いサービスを提供いたします。

衛星地上局ネットワークサービスとは?

パスコが沖縄県と北海道に保有する衛星地上局を衛星ネットワークとして活用いただけるサービスです。
地球観測衛星からのテレメトリ受信、衛星へのコマンド送信と観測データの受信運用を行う地上局ネットワークサービス(レンタルサービス)を提供します。
日本国内はもとより、世界5大陸で衛星の運用や衛星サービスを展開する衛星事業者に向けて、パスコ衛星地上局の設備と運用体制を提供いたします。

パスコの衛星地上局について

パスコの衛星地上局は沖縄県と北海道に位置し、日本国内はもとより、世界的にも極東地域をカバーできる数少ない衛星地上局です。
沖縄県(糸満市)と北海道(千歳市)にレドーム付きの7.3mアンテナを保有、さらに、沖縄にはレドーム付きの5.5mアンテナを保有しています。

沖縄地上局(左)と北海道地上局(右)
沖縄地上局(左)と北海道地上局(右)

パスコ衛星地上局の実績と経験

パスコが運営する衛星地上局は、以下に記載するAirbus Defence and Space 社(フランス、Airbusグループ)が保有する地球観測衛星におけるデータ受信や、その他の衛星運用等に対して、サービスを提供してきました。

  • TerraSAR-Xシリーズ(TerraSAR-X & TanDEM-X)
  • Pleiadesシリーズ(Pleiades 1A & Pleiades 1B)
  • SPOTシリーズ(SPOT 6 & SPOT 7)

現在稼働しているASNARO-1衛星については、パスコ内に衛星管制センターを持ち、パスコ衛星地上局を利用した衛星管制やデータ受信の実証運用を3年以上にわたり実施してきました。

TOPIX

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の支援として、2017年12月23日に打ち上げられたH2-A 37号機ロケットと2018年1月18日に打ち上げられたイプシロンロケット3号機の追尾をパスコの衛星地上局で行い、ロケットからのテレメトリデータを受信、種子島宇宙センターへ伝送しました。

世界的に空白地帯と言われる極東エリアをカバー

パスコの衛星地上局ネットワークは、これまで一般利用可能な地上局として空白地帯であった極東エリアをカバーしています。

世界的に空白地帯と言われる極東エリアをカバー

全世界に地上局ネットワークを保有しサービスを提供するSSC社(Swedish Space Corporation)ともパートナーシップを結んでおり、パスコの地上局は提携地上局(Collaborative Ground Station)として紹介されています。

サービスメニュー

コマンド送信

(撮像などの衛星への指示を送信します)
お客様管制センターが生成したコマンド指令を、地上回線を経由して地上局から、変調・電力増幅した電波(Sバンド)を使用して衛星にコマンド信号を送ります。

テレメトリデータ受信

(衛星の機能監視データを受信します)
衛星から送信される電波(Sバンド)を地上局で受信し、復調したテレメトリデータを、地上回線を経由してお客様管制センターに伝送します。

観測データ受信

(衛星で地上を撮影したリモートセンシングデータを受信します)
衛星から送信されるす地球観測データ(Xバンド)を受信し、復調し地上回線を経由してお客様データセンターに伝送します。

ロケットテレメトリ受信

(ロケットのテレメトリを受信します)
ロケットから送信されるテレメトリデータ(Sバンド)を受信し、復調し地上回線を経由してお客様管制センターに伝送します。
サービスのイメージ
サービスのイメージ

パスコ衛星地上局の諸元

ダウンリンク 仕様
受信周波数 G/T
中間周波数
Sバンド : 2,000 to 2,400MHz  18dB/K
Xバンド : 7,985 to 8,500MHz  32dB/K
Sバンド : 70MHz±20MHz
Xバンド : 720MHz±190MHz
Sバンド受信復調
サブキャリア復調 : PM/BPSK/PCM
SCF <1.2MHz   BR <250kbps
ダイレクト復調 : PCM/PM  BR <5Mbps
BPSK/NRZ  BR <5Mbps
QPSK/NRZ  BR <10Mbps
フレーム同期 : ワードサイズ:8bits to 32bits
フレームサイズ:10 to 2048Byts
CCSDSデコーディング : Convolutional Viterbi, Reed-Solomon
CCSDS : CADU & VCDU
Xバンド受信復調
復調 : BPSK, QPSK, OQPSK, UQPSK, 8PSK, 16QAM
ビットレート : BPSK <320Mbps, QPSK <640Mbps
16QAM/8PSK <960Mbps
CCSDSデコーディング : Convolutional Viterbi, Reed-Solomon
CCSDS : CADU & VCDU
試験機能 BER計測 ( Long loop, Short loop)           
アップリンク 仕様
送信出力
送信周波数
HPA出力 : 200W max 
RF : 2,025 to 2,120MHz
中間周波数 70MHz±20MHz
変調式
サブキャリア変調 : PCM/PSK/PM
BR <250Kbps
SCF <1.2MHz
ダイレクト変調 : BPSK (NRZ-M) BR <10Mbps
プロトコル CCSDS COP-1
コマンドフォーマット CCSDSコンパティブル

衛星地上局ネットワークサービスに関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ