配車管理システム「LogiSTAR配車管理簿」

物流(ロジスティクス)業界では、ドライバー不足や高齢化、燃料費の問題などを受け、業務の効率化が業界全体の課題となっています。
パスコは、配車管理システム「LogiSTAR(ロジスター)配車管理簿」で、配車・配送業務の課題を「見える化」し業務改善につなげることで、物流コスト削減や業務効率アップをご支援いたします。

平成28年度グリーン物流パートナーシップ優良事業者表彰
「経済産業省商務流通保安審議官表彰」を受賞

配車管理システム「LogiSTAR(ロジスター)配車管理簿」が選ばれる理由

信頼性を裏付けする事業の歴史

パスコは1990年代のカーナビ創生期から今日まで、カーナビ地図を空間情報技術により支えてきました。
こうした知識と経験を配車管理支援の技術に応用し、配車管理システムを提供しています。

高精度な配車機能

配車管理システム「LogiSTAR配車管理簿」は、曜日時間帯別の走行速度(VICS統計)を搭載し、時間指定や車格指定などの多様な接車条件への対応により、現実に即した配車計画を実現しています。

豊富な実績ゆえに進化を続ける配車管理システム

パスコの配車管理システム「LogiSTAR配車管理簿」は、食品や日用雑貨、住宅、自動車などの荷主企業、3PL、運送業者において多数の運用実績を有しており、培った知見は常に製品に反映させているため、将来に渡り進化を続けます。

LogiSTAR配車管理簿(ガントチャート)
ガントチャート
LogiSTAR配車管理簿(地図画面)
地図画面

配車業務の課題をシステムで解決

輸配送コストの削減

配車管理システムによって配車を最適化し、積載率を向上させることで配送効率を高め、輸配送コストを削減します。

配車業務の効率化

配車管理システムの導入により、配車業務を自動化することで、配車担当者の配車業務にかかる時間を大幅に短縮します。

属人化の防止

これまで配車担当者が持っていたノウハウを配車管理システム上に蓄積し活用することで、経験の浅い配車担当者でも配車業務が可能になるだけでなく、配車担当者の知識やノウハウの継承が可能になります。

動態管理システムと連携し運行管理をスムーズに

「LogiSTAR配車管理簿」で組まれた配車情報を、動態管理システム「PLS(PASCO LocationService)」へ受け渡すことにより、スケジュールと配送状況をリアルタイムで確認することが可能となります。スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスに加えて、様々な M2M(※1)端末、業務用カーナビなどとの連携を実装しています。さらに、常にユーザーの声を反映した機能強化を実施し、輸配送事業者を主として大手新聞社にも採用いただくなど、実績のあるサービスです。

  1. M2M:機械同士の通信、ネットワークを介して情報をやり取りし動作や制御を行うことをいう

動態管理システム「PLS(PASCO LocationService)」

モバイルナビゲーションと連携(ビジネスナビタイム動態管理ソリューション)

パスコはモバイルナビゲーション大手のナビタイムジャパンと業務を提携し、「LogiSTAR配車管理簿」と「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」との連携を可能にしました。
「LogiSTAR配車管理簿」で組まれた車両ごとの配送順を、ナビタイムジャパンが提供する「ビジネスナビタイム動態管理ソリューション」にデータを転送することで、ドライバーはスマートフォンをモバイルナビゲーションとして活用でき、正確な到着予測時間によるきめ細かな運行管理が可能となります。

関連情報:パスコとナビタイムジャパンが業務提携 ~配送計画とナビゲーションの技術を連携、物流業界の課題解決を支援~

モバイルナビゲーションと連携(ビジネスナビタイム動態管理ソリューション)

配車管理システム「LogiSTAR配車管理簿」に関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ