衛星を活用した森林変化情報サービス
衛星とAIで自治体の森林管理業務を効率化

2017年度に施行された改正森林法により、森林所有者は伐採・造林届に加え、再造林後の状況報告も義務化されました。これにより自治体は、状況報告書の記載内容と伐採造林届および各種計画との照合や現地確認が必要となり、それに係る手間やコストの簡略化と届出制度の継続的な運用の実現が課題となっています。
パスコの「衛星を活用した森林変化情報サービス」は、森林の健全な育成と産業振興を進める自治体の業務負担の解消を目指し、森林の変化状況を的確に把握するため、衛星画像とAI判読技術を用いた変化情報を提供するサービスです。

サービス内容

①森林変化情報提供:
契約後に撮影された衛星画像を用いて、契約地域の森林変化を最低2回/年~提供します(天候状況によって提供回数は変動します)。
②専用サイト利用:
森林変化情報提供サイトを利用できます。
③衛星画像閲覧:
衛星画像(画像範囲、閲覧期間、プランで異なる)を専用サイトで閲覧できます。(※1)
ただし、 衛星画像のダウンロードは不可。
  1. 変化抽出箇所をお客様自身でご確認いただいたり、伐採届出の箇所を衛星画像で目視確認していただいたりすることを想定しています

プラン別サービス内容

プラン スタンダード プレミアム
森林変化情報提供
専用サイト利用
衛星画像閲覧
対象地域全体の衛星画像
毎年入れ替え
(過去年は閲覧不可)

対象地域全体の衛星画像毎年蓄積
(2015年からのアーカイブ画像も全て閲覧可能)

主な機能

  • ●森林変化情報検出のメール通知
  • ●森林変化情報閲覧 ・ ダウンロード機能
  • ●衛星画像の閲覧機能
  • ●お客様所有の情報(伐採届等)をアップロードし、ポイント表示する機能

 ※個人情報はアップロード不可

衛星×AIによる森林変化情報の抽出

二時期の衛星画像から皆伐跡地(※2)・再造林地(※3)・崩壊地など一定規模の変化領域をAI判読技術により自動抽出します。目視判読と同等の精度を担保。

●利用衛星の仕様
衛星:光学衛星 SPOT6/7
解像度:1.5m分解能(パンシャープン)
観測幅:60km

※2020年度に打ち上げ予定の国産光学衛星「ALOS-3」(80cm分解能:パスコ運用)も将来的に活用予定

  1. 皆伐跡地:森林などの樹木を全て伐採した後の場所
  2. 再造林地:伐採後に再び植林した場所

本サービスのメリット

  • 現地調査の時間と労力を削減(皆伐および再造林後の状況確認を効率的にモニタリング)
  • 無許可・無届の伐採行為を検出し、行政指導が可能
  • 伐採造林が盛んな地域を捉え、効果的な林業振興支援策の検討が可能
  • 1年間の伐採地や再造林地の集計にも使用可能
  • 日常点検が及ばない山間部奥地などの斜面崩壊や広範囲にわたる風倒木被害を検出し、復旧作業方針の検討が可能(※4)
  1. 災害時の緊急的な変化情報抽出は本サービスには含まれません

森林クラウド連携へのステップアップ(将来的に連携機能を開発予定)

本サービスと森林クラウドとの連携により以下の効果が期待できます。

  • 伐採造林届等の電子化やオンライン申請に対応
  • 森林変化情報と伐採造林届、各種計画情報との突合が容易に
  • 伐採および造林届出の申請から現地確認までの事務処理がシステム化され効率化
  • 衛星画像を利用した森林資源情報の管理更新が容易に

衛星を活用した森林変化情報サービスに関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ