3次元ビジュアライゼーションソフトウェア
Skyline シリーズ

スカイライン社の製品は、3次元や2次元の地理空間データが視覚化できる世界的なソフトウェアの一つです。3次元データの構築や処理・分析、保存・共有が可能であり、国や自治体などの行政業務や、民間分野など、さまざまな業務分野で活用できます。

3次元空間情報の作成、処理、構築、分析、保存、共有まで
さまざまな業務分野で活用いただけます

<活用分野>
〇航空・UAV写真測量:3次元データ作成(SfM/MVS)
〇防災・減災:地形情報の表示や状況把握
〇道路・河川・砂防:広域を対象とした3次元管内図(河川管内図など)
〇社会インフラ管理:構造物情報の表示や状況把握
〇まちづくり、都市計画:都市モデル作成、都市計画や社会インフラ管理などのデジタルツイン活用
〇港湾・海洋開発:海底地形情報の表示や状況把握

※動画にあるTerraGATEは、SkylineGlobe Serverの旧称です。

3次元空間情報の作成、表示・分析ツール
TerraExplorer™(テラエクスプローラー)

空間情報データの表示・検索・解析ができる3次元GISビューアです。画像・標高・3次元モデル・CAD・BIM/CIMデータ・点群などあらゆる空間情報を表示し、軽快な操作が行えます。また、さまざまな計測・解析ツールを使った空間分析が行えます。

TerraExplorer

広域での高速表示可能な地形データ生成ツール
TerraBuilder™(テラビルダー)

広域にわたる航空写真などの画像や標高データを結合し、高速表示が可能な3次元地形データベースの生成が行えます。

TerraBuilder

写真による詳細な3次元空間情報、データ生成ツール
PhotoMesh™(フォトメッシュ)

写真から詳細で高品質なオルソ写真・点群・3次元モデルの生成が自動的に行えます。複数のパソコンで並列処理が可能なため、高速なデータ生成が行えます。

PhotoMesh

空間情報のデータベース構築・管理・配信ツール
SkylineGlobe Server™(スカイライングローブ サーバー)

お客様のサーバー上に空間情報データベース環境を構築し、2次元および3次元データの管理・配信が行えます。配信データは、TerraExplorerやWebブラウザで閲覧可能なほか、ESRI社製のArcGISやオープンソースソフトウェアのQGISなど、スカイライン社以外のGIS製品からも閲覧が行えます。

SkylineGlobe Server

3次元ビジュアライゼーションソフトウェア Skyline シリーズに関するお問合せはこちら

サービスに関するお問合せ